たねと食とひと@フォーラムは、たねといのちの多様性と持続性のために活動しています。
新着記事

6/29 豪華2本立て 総会記念講演会 講師久野秀二京都大学教授・岡本よりたか「たねのがっこう」主宰

 6月29日、2019年度たねと食とひと@フォーラム通常会員総会記念講演会を2本立てで開催します。講師は京都大学大学院経済学研究科教授でアグリビジネスや種子事業に詳しい久野秀二さん、岐阜県郡上市にて、たねのがっこうを主宰 …[続きを読む]

ご案内 報告書・市民が追ったゲノム編集の規制とは≪環境への影響・食の安全安心≫発行しました。

 シンポジウム「ゲノム編集に規制は必要か」(2018年9月29日開催)及び「ゲノム編集と食の安全・安心」(2019年2月10日開催)の報告書市民が追ったゲノム編集の規制とは≪環境への影響・食の安全安心≫を発行しました。 …[続きを読む]

厚労省「ゲノム編集技術を利用して得られた食品等の食品衛生上の取扱いについて報告書(案)」への意見

2/21、「薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品調査部会 報告書(案)ゲノム編集技術を利用して得られた食品等の食品衛生上の取扱いについて」パブリックコメントを提出しました。 ゲノム編集技術を利用して得られた食品等 …[続きを読む]

3/23 映画「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」上映会&トークショー開催案内

2019年3月23日(土)日比谷コンベンションホールにて、映画「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」上映会及び稲塚秀孝監督と西川芳昭龍谷大学教授によるトークショーを開催します。1960年代、世界的な食糧危機を救ったのは日 …[続きを読む]

2/10 シンポジウム「ゲノム編集と食の安全・安心」開催案内

2019年2月10日(日)日比谷コンベンションホールにて、シンポジウム「ゲノム編集と食の安全・安心」を開催し、ゲノム編集と食の安全・安心について、異なる立場の見解を聞きます。ゲノム編集マッスル真鯛の研究者及び生命倫理の研 …[続きを読む]

消費者庁 遺伝子組換え表示制度に係る「食品表示基準の一部を改正する内閣府令(案)」への意見

消費者庁では、2017年4月から「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」を開催し、遺伝子組換え表示制度の在り方について検討されました。この検討会 が2018年3月に取りまとめた報告書において、今後の遺伝子組換え表示制度の在 …[続きを読む]

9/29シンポジウム「ゲノム編集に規制は必要か」参加者からの質問への回答

9月29日にシンポジウム「ゲノム編集に規制は必要か」を実施しました。ゲノム編集の農業応用をめぐり異なる立場の代表をお招きし、規制のあり方について議論しました。参加者は121名。シンポジウム当日に参加者からたくさんの質問が …[続きを読む]

環境省「ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について(案)」に関する意見

環境省は、現在、専門委員会での結論をもとに、「ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について(案)」に関する意見募集(締切は10月19日)を行っています。「遺伝子を操作・編集した作物や魚 …[続きを読む]

ビールメーカーより遺伝子組み換え原材料に関する回答が届きました

たねと食とひと@フォーラムでは、2014年度より毎年、大手ビール会社に対してビール・発泡酒・第3のビール・ソフトドリンクの原料として使われているコーンスターチや糖類について、非遺伝子組み換えか否かを公開で質問しています。 …[続きを読む]

2018年度総会記念シンポジウム「種子法廃止後のたねのゆくえ」報告書ができました

戦後日本の主要農作物生産において、良質かつ安価な種子の安定供給を支えてきた主要農作物種子法(種子法)が廃止されました。2018年6月23日(土)、たねと食とひと@フォーラムが主催したシンポジウムでは専門家、自治体担当者、 …[続きを読む]

アーカイブ
  • [—]2019 (3)
  • [+]2018 (27)
  • [+]2017 (23)
  • [+]2016 (35)
  • [+]2015 (13)
  • [+]2014 (8)
運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet