たねと食とひと@フォーラムは、たねといのちの多様性と持続性のために活動しています。

 国内では、ゲノム編集高GABAトマトの開発も本格的に進められていると報道されています。表示が義務化されていないため、身近なトマトジュースの原材料がこれまでのトマトなのか、ゲノム編集されたトマトなのか見分けがつきません。そのため、たねと食とひと@フォーラムは製造販売会社8社宛てにトマトジュースの原材料について、ゲノム編集トマトの使用の有無、任意の表示制度についてどう考えるか、また今後の方向性等について公開質問を実施しました。下記の通り、2月20日までに7社から回答がありました。

【回答あり】カゴメ株式会社株式会社伊藤園アサヒ飲料株式会社日本デルモンテ・キッコーマン飲料株式会社株式会社セブン&アイ・ホールディングスサントリー食品インターナショナル株式会社2光食品株式会社

【回答なし】イオン株式会社


2020年2月13日 公開質問 「トマトジュースの原材料について」

質問1 現在販売中のトマトジュースについて、ゲノム編集作物由来の原料に切り替える予定はありますか。その有無についてお答えください。

質問2 ゲノム編集作物・食品に対する消費者のイメージをどのようにとらえていらっしゃいますか。3つの中からお選びください。

質問3 ゲノム編集作物・食品の一部には、届け出や表示の義務がないことについて、どう思われますか。2つの中から選んで、その理由もお答えください。

質問4 商品に「ゲノム編集でない」表示が可能な場合は、表示されますか。2つの中から選んで、その理由もお答えください。

トマトジュース製造販売会社7社の回答

以上

※調査結果のデータを使用される場合は、たねと食とひと@フォーラム事務局までご連絡ください。

Email  info@nongmseed.jp  電話 03-6869-7206 FAX 03-6869-7204

アーカイブ
  • [—]2020 (15)
  • [+]2019 (20)
  • [+]2018 (27)
  • [+]2017 (23)
  • [+]2016 (35)
  • [+]2015 (13)
  • [+]2014 (8)
運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet