遺伝子組み換え問題を知る・考えるためのポータルサイト
Tanet(たねっと)は、たねと食とひと@フォーラムが運営するウェブサイトです。
表示

GM表示義務がない国アメリカでは、日本人の4倍食べている  2015年6月18日 安田美絵

遺伝子組み換えの本場アメリカの人々は、日本人と比べ、どのくらい多くの遺伝子組み換え作物を食べているのでしょう。 アメリカの人口約3億2千万人、日本の人口約1億3千万人として計算してみました。 アメリカ人1人当たりの年間遺 …[続きを読む]

★エスコープ大阪機関紙「Ripple」で活動が紹介されました。2015年1月3日 たねと食とひと@フォーラム

生活協同組合エスコープ大阪の機関紙「Ripple」第144号(12月22日)に、たねと食とひと@フォーラムの活動が掲載されました。遺伝子組み換え反対運動の課題、大手ビールメーカ4社への公開質問等の活動について話しました。 …[続きを読む]

オレゴン・コロラド表示義務化を否決。マウイでは栽培禁止を可決。2014年11月8日 安田美絵

11月4日、アメリカのオレゴン州とコロラド州で、遺伝子組み換え表示義務化の賛否を問う住民投票が行われました。結果は2州とも否決。オレゴンでは49%:51%と僅差で、コロラドではなんと66%:34%の大差で否決されてしまい …[続きを読む]

カリフォルニア州議会、GM表示法案を否決 2014年6月1日 安田美絵

5月はヴァ―モント州と、オレゴンの2つの郡で、遺伝子組み換えにNOを突きつける人々の画期的な勝利が続きました。巨大多国籍企業に市民側が打ち勝つ―これまでなかなか実現できなかったことが、やっと実現し始め、大きな潮流となって …[続きを読む]

米国オレゴン州でGM食品表示義務化の運動開始 2014年5月20日 安田美絵

アメリカでは遺伝子組み換え食品表示義務化の運動があちこちの州で起こっています。今日はオレゴン州の動きをロイター通信からお伝えします。 「消費者団体がオレゴン州で、遺伝子組み換え食品表示義務化の運動を開始 シェルビー・セベ …[続きを読む]

危機に瀕する米国の有機食品規格 2014年5月5日 安田美絵

有機(=オーガニック)食品といえば、安全で健康的な食品の代名詞。しかし、その有機食品の規格がアメリカで危機に瀕しています。 これはアメリカ人にとって問題なだけではなく、われわれ日本人も直接的な影響を被る重大事です。なぜな …[続きを読む]

アメリカの州で初のGM食品の表示を義務化

バーモント州議会は、遺伝子組み換え作物を使った食品の表示を義務付ける法案を4月24日までに可決した。2016年7月1日に施行される予定だ。(2014年4月26日日本農業新聞) アメリカでも近年、遺伝子組み換え作物の表示を …[続きを読む]

バーモント州でGM表示義務化へ~米国内の表示運動 2014年4月29日 安田美絵

2014年4月23日、アメリカ、バーモント州議会は、遺伝子組換え作物を使った食品に表示を義務付ける法案を可決しました。この事件を報じるニューヨークタイムズの記事をまずは翻訳してご紹介します。 「バーモント州、遺伝子組換え …[続きを読む]

遺伝子組換え食品の表示  その2~産業界のための制度から消費者のための制度へ 安田美絵

日本の遺伝子組換え食品表示は、「遺伝子組換え食品の表示  その1~日本の表示制度」に示したとおり、表示義務のないものがたくさんあります。 末尾の一覧表では表示義務のある品目もたくさんあるように見えるかもしれませんが、量で …[続きを読む]

遺伝子組換え食品の表示  その1~日本の表示制度 安田美絵

日本で遺伝子組換え食品の輸入が始まったのは1996年ですが、当初、表示制度は存在せず、何も表示がないままに流通していました。しかし、表示を求める消費者の声は大きく、消費者運動の成果として、2001年4月から遺伝子組換え食 …[続きを読む]

運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet