遺伝子組み換え問題を知る・考えるためのポータルサイト
Tanet(たねっと)は、たねと食とひと@フォーラムが運営するウェブサイトです。
北米

「ダーク法案」否決!食品の適正な表示を阻む産業界の動きに米国上院がNO 

2016年3月16日 米国・食品安全センター(Center for Food Safety) 勝利!遺伝子組み換え食品表示を阻もうとする最近の産業界の努力が上院で敗れた  「ダーク法案」の敗北はアメリカにおける知る権利の …[続きを読む]

遺伝子組み換え鮭(サケ)をFDA(米国食品医薬品局)が認可 2015年11月21日 安田美絵

2015年11月19日、FDA(米国食品医薬品局)がついに遺伝子組み換え鮭を食品として認可しました。遺伝子組み換え動物が食品として認可されるのは、世界でこれが初めてです。 このサケは、アトランティック・サーモンの中に、大 …[続きを読む]

TPP大筋合意で、遺伝子組み換え表示はどうなる!?  2015年10月8日 安田美絵  

2015年10月5日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)が「大筋合意」したとの発表がありました。2010年にTPP参加の意志を菅首相が表明して以来、遺伝子組み換え反対派の市民はTPPを警戒し続けてきました。TPPは「 …[続きを読む]

モンサント保護法案(別名、暗黒法案)がアメリカ下院を通過  2015年7月29日 安田美絵

 遺伝子組み換え表示義務がまったくなかったアメリカで、昨年、画期的な出来事があった。バーモント州が遺伝子組み換え食品に表示を義務づける法案を可決したのだ。施行は2016年7月からで、それまでが準備期間とされた。コネティカ …[続きを読む]

GM表示義務がない国アメリカでは、日本人の4倍食べている  2015年6月18日 安田美絵

遺伝子組み換えの本場アメリカの人々は、日本人と比べ、どのくらい多くの遺伝子組み換え作物を食べているのでしょう。 アメリカの人口約3億2千万人、日本の人口約1億3千万人として計算してみました。 アメリカ人1人当たりの年間遺 …[続きを読む]

小麦に関する誤解について 2015.5.29 安田美絵

インターネット上にある遺伝子組み換えに関する情報には、間違ったものが多々見受けられます。 悪意をもって騙そうというわけではなく、良心から発せられた警告なのだけれど、勘違いや知識不足から事実に反することが書かれている、とい …[続きを読む]

★【イベント】2015年2月2日18:30『シティ・ファーマー』出版記念講演会 「世界で始まる食料自給革命」 2014年12月27日 たねと食とひと@フォーラム

★『シティ・ファーマー』出版記念講演会 「世界で始まる食料自給革命」 2014年12月に刊行された『シティー・ファーマー』(ジェニファー・コックラル=キング著/白井和宏訳/辻信一推薦、白水社)の翻訳者の白井和宏さんと推薦 …[続きを読む]

オレゴン・コロラド表示義務化を否決。マウイでは栽培禁止を可決。2014年11月8日 安田美絵

11月4日、アメリカのオレゴン州とコロラド州で、遺伝子組み換え表示義務化の賛否を問う住民投票が行われました。結果は2州とも否決。オレゴンでは49%:51%と僅差で、コロラドではなんと66%:34%の大差で否決されてしまい …[続きを読む]

カリフォルニア州議会、GM表示法案を否決 2014年6月1日 安田美絵

5月はヴァ―モント州と、オレゴンの2つの郡で、遺伝子組み換えにNOを突きつける人々の画期的な勝利が続きました。巨大多国籍企業に市民側が打ち勝つ―これまでなかなか実現できなかったことが、やっと実現し始め、大きな潮流となって …[続きを読む]

郡の住民投票で、GM作物栽培禁止へ(米国オレゴン州) 2014年5月22日 安田美絵

2日前にお伝えしたオレゴン州の動きについての続報を、ロイター通信の記事からお伝えします。 「米国の表示をめぐる騒動のさなか、オレゴン州の地方の有権者は遺伝子組み換え作物禁止令を支持 (ロイター通信5月20日) オレゴン州 …[続きを読む]

運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet