遺伝子組み換え問題を知る・考えるためのポータルサイト
たねと食とひと@フォーラムは、たねといのちの多様性と持続性のために活動しています。

有機(=オーガニック)食品といえば、安全で健康的な食品の代名詞。しかし、その有機食品の規格がアメリカで危機に瀕しています。

shopping bag

これはアメリカ人にとって問題なだけではなく、われわれ日本人も直接的な影響を被る重大事です。なぜなら、日米両政府は、相手国で有機食品の認証を受けているものは、自動的に自国でも有機食品とみなし、有機と表示して販売できる、という取り決めを既に交わしてしまっているからです。(この合意は2013年9月26日に合意され、既に2014年1月1日から適用されています)

usda-organic     有機JASマーク

米国農務省のオーガニックマーク          日本の有機JASマーク

アメリカと日本における有機食品の規格は基本的にはほぼ同じで、

有機農産物の場合

・農薬や化学肥料を基本的に3年以上使用していない土地でつくられた作物であること。

・遺伝子組換え作物は認められないこと。

有機加工食品の場合

・原料の95%以上が有機農産物であること。

・化学合成添加物を基本的には使用していないこと。

・遺伝子組換え食品を含まないこと。

がその規格の骨子となっています。(参考;アメリカの有機食品規格

日本の有機加工食品規格

しかし日本でもアメリカでも、また農産物でも加工食品でも、例外的に使ってもいい農薬や、例外的に使用が許されている化学合成添加物があります。(参考:アメリカの例外リスト

初めから完璧な無農薬や無添加を求めても実現が難しいだろうから、暫定的な措置として例外を許しておき、技術の発展とともに、いずれこれらの例外措置はなくしていこう、というのが当初の考え方だったとされています。

アメリカではこれらの例外は5年ごとに見直すこととされていたのに、それが事実上永遠に許されそうになっているのです。もしそうなったら、日本人はどのような不利益を被ることになるでしょうか。

例外を永遠に許そうなどという動きがなければ、アメリカの有機加工食品には化学合成添加物の使用が認められないことになり、アメリカから日本に輸入される有機加工食品の品質、安全性があがるはずでした。日本人もその恩恵に預かることができたはずなのに、その機会が失われてしまうことになります。

昨年秋に日米の有機規格が相互承認されるようになったことで、日本で流通するアメリカ産の有機加工食品には、これまで許されなかった添加物の使用が許されるようになってしまっています。

卵白リゾチーム、ジェランガム、グルコノデルタラクトン、硫酸マグネシウム、ヨウ化カリウム、クエン酸カルシウム、セルロース、次亜塩素酸カルシウム、二酸化塩素、シクロヘキシルアミン、ジエチルアミノエタノール、エチレン、硫酸第一鉄、グリセリド、グリセリン、過酸化水素、ステアリン酸塩マグネシウム、ビタミン、ミネラル、オクタデシルアミン、過酢酸、ペルオキシ酢酸、リン酸、クエン酸カリウム、リン酸カリウム、二酸化ケイ素、酸性ピロリン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、リン酸ナトリウム、二酸化硫黄、ピロリン酸4ナトリウム。

これらが新たに認められることになった添加物です。日本の規格にも例外として認められる添加物はあるのですが、それにさらに加えて、こんなにもさまざまな添加物が許されてしまったわけです。

せめてこれだけでも減らしてほしいとは思いませんか?(日本の規格自体が変わったわけではないので、日本で認証された有機加工食品にこれらの物質が含まれるわけではありません)

アメリカから輸入される有機食品など買わなければ済む話じゃないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、アメリカで起こることは数年後に必ず日本でも起こるのです。アメリカで有機食品の品質が上がれば、日本でも有機食品の品質が上がるでしょう。アメリカで例外的に許される化学合成添加物が認められなくなれば、日本でも例外を廃止しやすくなることは間違いありません。日本でも、有機加工食品に例外的に使用が許される添加物は73種類もあるのです。

これとは逆に、アメリカにおける有機食品の品質の低下を見逃してしまえば、事態はさらに進み、遺伝子組換え作物が含まれていても有機と表示してもよい、などということにもなりかねません(アメリカの業界団体は、既にそうした圧力を政府機関にかけているといいます)。

ですから、こうした事態に際し、日本人も反対の声を上げることが、ここ日本における食の安全を守ることにもつながるのです。

アメリカの市民団体“Food Democracy Now! ”が、この件に関して全世界から署名を募っています。

http://action.fooddemocracynow.org/sign/take_stand_for_organic_integrity/

ぜひ上記のサイトにアクセスして、あなたも署名をしてください。アメリカのオバマ大統領と米国農務省長官ヴィルサック氏宛ての手紙が、あなたの名前で届けられることになっています。

以下にサイトの日本語訳を挙げておきます。

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

今、米国農務省で、オーガニック食品の完全性に対する最大級の攻撃が行われています。

背後にはハイレベルに政治的な命を受けて動く人々とオーガニック食品群を売る巨大製造企業がいます。彼らは、米国議会によって権限を与えられた米国立有機規格委員会(NOSB)の20年来の慣例を破壊しようとしています。

米国農務省の代理人であるマイルズ・マケボイは自らを共同議長に任命して委員会を不当に乗っ取り、1990年制定の有機食品製造法(OFPA)の中で規定されている米国立有機規格委員会のメンバーの権威を失墜させて、委員会が独立して下せるはずの決定をコントロールしようとしています。

ここで危機に瀕しているのは、米国立有機規格委員会の独立した意思決定の手続きです。

オーガニックの完全性は意図的に破壊され、オーガニック利権を持つ巨大企業からの圧力によって、オーガニック食品に化学合成された添加物の使用が恒久的に許されようとしているのです。

オーガニック規格を破壊しようとするこのような権力の濫用を止めなければなりません。

われわれはあなたの助けを今すぐ必要としています。一人ひとりすべての声が重要なのです。

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

オバマ大統領、そしてヴィルサック農務省長官へ

オーガニックのラベルは、多くのアメリカ人にとって、ただのラベルではありません。食品に含まれる農薬や化学合成添加物や遺伝子組換え作物を避けたいと望む人々にとっては、オーガニック食品を食べることこそが、それを可能にする方法だからです。ですからオーガニック規格の完全性が維持され、守られることが重要です。

全米オーガニックプログラム制度(※訳者注:日本の有機JAS制度のようなもの)に対して加えられた変更について、わたしは深く懸念しています。それは国立有機規格委員会(NOSB)の、農務省からの独立性をそぐものです。農務省はNOSBの重要性をこれまでどおり認め、有機食品製造法によって保障されているとおり彼らが役割を果たすことを認めなければなりません。

加えて今回の変更は、化学合成添加物のような禁止された物質に対する免除を提案するものであり、全米オーガニックプログラム制度の完全性に対する信頼を脅すものです。

規則は2005年に制定され、自然食品、オーガニック食品が新たに発展するために猶予を与え、5年間の期限付きで禁止すべき原料に例外を設けるというものでした。情報公開と再調査のうえ、NOSBの委員の三分の二以上の賛同が得られない限り、これらの例外は法律によって撤廃されることになっていました。

ところが新しい提案は、三分の二以上の賛同がない限り、リストに記された例外をそのまま許そうというもので、法律の本来の意図から逸脱しており、拒絶されなければなりません。

もしこのような変更が、有機規格に加えられることが許されるなら、全米オーガニックプログラム制度は危機に瀕します。

なにとぞご高配くださいますようお願いします。

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

(署名欄)

あなたの声を加えてください

名前:

E-mailアドレス:

国名:

県名:

郵便番号:

意見:

(「SIGN PETITION」のボタンを押すと完了します)

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

意見の例

わたしたちは化学合成添加物の含まれていない本当のオーガニック食品を必要としています。
We need real organic foods free from synthetic ingredients.

これはアメリカ人だけの問題ではなく、日本人の問題でもあります。日米両政府は相手国の有機食品は自動的に自国でも有機食品とみなすことで昨年合意しているからです。
This is not the problem only for Americans, but also for Japanese. Because Japanese government and US government agreed last year that organic foods of one country is automatically regarded as organic foods in another country.

巨大食品企業に、人々の健康を売り渡さないでください。
Please do not sell people’s health to giant food corporation.

-安田美絵 ルナ・オーガニック・インスティテュート(マクロビオティック料理教室&持続可能な食の学校)主宰

運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet