遺伝子組み換え問題を知る・考えるためのポータルサイト
Tanet(たねっと)は、たねと食とひと@フォーラムが運営するウェブサイトです。
国際シンポジウム2017 たねがいのちをつなぐ
カテゴリー: ニュース

モンサント保護法案(別名、暗黒法案)がアメリカ下院を通過  2015年7月29日 安田美絵

 遺伝子組み換え表示義務がまったくなかったアメリカで、昨年、画期的な出来事があった。バーモント州が遺伝子組み換え食品に表示を義務づける法案を可決したのだ。施行は2016年7月からで、それまでが準備期間とされた。コネティカ …[続きを読む]

GM表示義務がない国アメリカでは、日本人の4倍食べている  2015年6月18日 安田美絵

遺伝子組み換えの本場アメリカの人々は、日本人と比べ、どのくらい多くの遺伝子組み換え作物を食べているのでしょう。 アメリカの人口約3億2千万人、日本の人口約1億3千万人として計算してみました。 アメリカ人1人当たりの年間遺 …[続きを読む]

「世界化するモンサント法案と人びとの種子の権利、食料の主権を守る闘い」 印鑰智哉氏ブログより

世界化するモンサント法案と人びとの種子の権利、食料の主権を守る闘い TPPによる日本の農業崩壊の危機が懸念される。しかし、TPPによる危険は日本の農業ばかりでなく、世界大のものとなっている。しかも単なる関税や通商問題に留 …[続きを読む]

米国で遺伝子組み換えりんごが承認 2015年2月17日 安田美絵

アメリカ人にとってのアップルパイといえば、日本人にとっての味噌汁のようなもの。「アップルパイと同じくらいアメリカ的」という慣用表現もあるほどだ。 そんなアメリカを象徴するデザートを、アメリカ人はもう安心して食べることがで …[続きを読む]

モンサント社のスーパーヴェジタブルズ 2014年11月17日 岡本よりたか

遺伝子組み換え作物は既に過去の技術となり、この先は尻すぼみになってゆくであろうと思う。 世界中で反対運動がおき、モンサント社が莫大な費用をかけて抵抗してきたにも関わらず、食品が健康を害する可能性があることを、多くの科学者 …[続きを読む]

オレゴン・コロラド表示義務化を否決。マウイでは栽培禁止を可決。2014年11月8日 安田美絵

11月4日、アメリカのオレゴン州とコロラド州で、遺伝子組み換え表示義務化の賛否を問う住民投票が行われました。結果は2州とも否決。オレゴンでは49%:51%と僅差で、コロラドではなんと66%:34%の大差で否決されてしまい …[続きを読む]

大塚製薬 遺伝子組み換えウイルスを未処理廃棄 2014年6月24日 西分千秋

文部科学省は11日、大塚製薬の赤穂研究所(兵庫県赤穂市)で、遺伝子組み換えウイルスを含む可能性のある実験器具などが法律に基づく適切な処理のないまま廃棄されていたとして、同社を厳重注意した。外部の環境への影響はないという。 …[続きを読む]

豪州の大学・遺伝子組み換えバナナを開発、人を対象とした初の試験へ 2014年6月20日 西分千秋

 豪州の大学・遺伝子組み換えバナナを開発、人を対象とした初の試験へ 豪州クイーンズランド工科大学のプロジェクトはビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の支援を受けて、高い栄養価を含む遺伝子組み換えバナナを開発。まもなく人を対 …[続きを読む]

農水省はイヌ歯肉炎軽減剤「遺伝子組み換えイチゴ」の製造販売を承認 2014年6月17日 西分千秋

農水省は2013年10月11日世界初となるイヌの歯肉炎軽減剤、遺伝子組み換えイチゴ「インターベリーα」の製造販売を承認しました。 ホクサン株式会社(本社:北海道北広島市)は、独立行政法人産業技術総合研究所(本部:東京都千 …[続きを読む]

カリフォルニア州議会、GM表示法案を否決 2014年6月1日 安田美絵

5月はヴァ―モント州と、オレゴンの2つの郡で、遺伝子組み換えにNOを突きつける人々の画期的な勝利が続きました。巨大多国籍企業に市民側が打ち勝つ―これまでなかなか実現できなかったことが、やっと実現し始め、大きな潮流となって …[続きを読む]

運営団体について

たねと食とひと@フォーラム

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクエア1342
電話:03-6869-7206
FAX:03-6869-7204
E-mail:info@nongmseed.jp

当会についての詳細
運営規約

Tweet